産後ダイエットを成功させるには 〜産後ダイエットの仕方〜

2021/09/27 ブログ

 

 

 

こんにちは!

 

 

西新宿のパーソナルジム、REMパーソナルトレーニングジムの相原です!

 

 

 

 

 

 

 

今回のブログは、前回の続きです!

 

 

 

 

『産後ダイエットを成功させるには 〜産後ダイエットの仕方〜』

 

 

 

について!

 

 

 

 

 

産後ダイエットの始め方は、前回ブログに書いた通りです。

詳しい内容は前回のブログをご覧ください。

 

 

 

前回のブログはこちら▼▼

 

 

「産後ダイエットはいつからできる? 〜産後ダイエットの始め方〜」

ktc ブログ (1).png

 

 

 

 

 

 

 

今回は、産後ダイエットを成功させるためにするべき、産後ダイエットのやり方について解説していきます!

 

 

 

 

 

 

 

ー 目次 ー

 

①産後半年は脂肪を落としやすい

 

②カラダの緊張を取り、脂肪を燃焼させていく

 

③骨盤周りの筋肉、靱帯を締めていく

 

④重りを持つのは、靭帯が締まり、筋出力ができるようになってから

 

 

 

 

 

 

 

①産後半年は脂肪を落としやすい

 

 

出産時に蓄えられる脂肪は、普通のダイエットより簡単に落とすことができます。

 

これは脂肪の性質が通常の脂肪とは異なる脂肪で、水分を含んでいる脂肪だからです。

 

産後ダイエットと、食事のコントロールがしっかりとできれば、比較的簡単に脂肪を落としていくことができるんです!

 

ただし、この脂肪が落としやすい期間は、産後約6ヶ月まで。

 

6ヶ月を超えると、この脂肪が通常の脂肪に変わっていってしまうので、注意が必要です。

 

産後6ヶ月が、ダイエット期間としては最適な期間ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

②カラダの緊張を取り、脂肪を燃焼させていく

 

 

産後というのは、育児が始まり生活の変化が大きい時期。

 

子どもを抱えることが多くなり、また夜泣きなどで睡眠が取れず、ストレスを抱えることも。

 

生活がツラくなってくる時期に、過度なダイエットを始めてしまうと精神的にキツくなってきてしまい、生活に支障が出てしまいます。

 

 

 

産後ダイエットを始めるにあたり、必要なことは、

 

 

 

カラダの緊張を取ること

 

生活リズムを整えていくこと

 

カラダを動かせるタイミングで動かすこと

 

食事を整えていくこと

 

 

この4つになります!

 

 

 

 

 

1つ目の、カラダの緊張を取るというのは、抱っこなどで固まってしまうカラダを、まずはしっかり緩めるということ。

 

産後はカラダが固まりやすい時期でもあるので、ストレッチやリリース、またマッサージ、コンディショニングエクササイズ、ヨガなどで柔軟性や弾力性を作っていくことをまずは行う必要があります。

 

カラダの緊張を取ることでストレスの軽減にもつながり、カラダを動かしやすい環境を作ることができます。

 

 

 

 

 

2つ目の生活リズムを整えていくことは、

主に睡眠になります。

 

ダイエットというのは睡眠時間がとても重要。

夜泣きなどで睡眠時間が取れなくなってくるかと思うのですが、最低限、お昼寝などで分割して睡眠時間を確保していくことが大切になってきます。

 

睡眠時間が取れないとカラダが休まらず、ダイエットどころではなくなってきてしまいます。

 

子どもと一緒にお昼寝をする、夜は一緒に寝るようにする、など、工夫をしながら睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

 

 

 

 

3つ目の、カラダを動かせるタイミングで動かすというのが、産後ダイエットにおいて一番重要になってきます。

 

 

産後いきなりウエイトトレーニングなどはオススメしていません。

 

これは後ほど④で解説していきます。

 

産後の運動ですべきことは、まずはコンディショニングエクササイズやヨガ、ピラティスでカラダの状態を整えていくこと、そして有酸素的な運動です。

 

カラダを動かすことで代謝能力を上げ、脂肪を燃焼しやすい環境を作ることが大切です。

 

ただし、キツイトレーニングではなく、「気持ち良いな」と感じるレベルの運動を行っていくのが良いです。

 

キツいトレーニングはカラダへのダメージは大きいものです。

 

適切に負荷をかけていくことが何より大切なので、できる範囲で、できるタイミングで、可能な運動を行っていくことが、

産後ダイエットの仕方になります。

 

 

 

 

 

最後の4つ目、食事を整えること。

 

産後の不規則な食事を摂ってしまっては、産後ダイエットはうまくいきません。

 

1日3食食べる

 

糖質量をコントロールしながら、高タンパクの食事を摂る

 

野菜の量を増やす、副菜を増やす

 

といったことを行うことができると、食事のバランスが整い、痩せやすいカラダになっていきます。

 

産後は体質も変化しているからこそ、この時期に食事を整えることができれば、その後も痩せやすい体質を作ることができます。

 

 

 

 

③骨盤周りの筋肉、靱帯を締めていく

 

 

産後は骨盤が開いた状態になります。

 

骨盤周りの筋肉や靭帯は緩んだ状態になっており、これを放置しておくと、一生骨盤が開いた状態になってしまいます。

 

 

骨盤を元の位置に戻していくために必要なことは、

 

周りの筋肉や靭帯を締めていくこと。

 

 

 

骨盤矯正や産後矯正などで、骨盤のケアをしてもらいつつ、

トレーニングで筋肉や靭帯に負荷をかけ、締めていく必要があります。

 

 

筋肉や靭帯の締まりがないと、いくら矯正や骨盤ベルトなどをして骨盤を締めても、結局その締まった状態を維持することができず元に戻ってしまいます。

 

 

産後は、人によって筋肉を使う感覚が弱まってしまう人もいます。

 

骨盤周りの筋肉の伸び縮みを意識したトレーニングを行うことが骨盤を締めていくために必要なことになります。

 

 

 

 

 

 

④重りを持つのは、靭帯が締まり、筋出力ができるようになってから

 

 

産後ダイエットだからと、いきなりキツい筋トレをするのは良くありません。

 

カラダへのダメージが大きくなってしまい、ダイエットも続けられなくなってしまいます。

 

 

先ほど述べたように、まず行うべきは、カラダを整えるエクササイズやケアになります。

 

 

重りを持ったトレーニングを行うタイミングとしては、靭帯が締まり、筋出力がしっかり出るようになってからが良いです。

 

 

 

目安としては、踏ん張ることができる、ジャンプができる、など、力が出せる状態の確認ができるものをテストしてみる。

 

力が出せる状態、踏ん張れる状態だなと感じたら、軽い重りのトレーニングから始めていきます。

 

 

 

何度もブログでは言っていますが、

 

 

産後は体質が変化するので、筋肉の感覚やカラダの感覚も変化します。

 

 

この変化に対応して、自分のカラダを扱うことができるようになることが、その後にもつながってきます。

 

 

丁寧に、少しずつ、負荷を高めていけるようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?!

 

 

 

 

産後ダイエットの仕方について、解説しました!

 

 

 

 

このブログでは、産後ダイエットの理論の解説をしており、実際のトレーニングなどの内容は載せきれていません。

 

 

 

内容に関して、

 

今後、動画で配信していく予定となっていますので、

 

そちらを参照いただけたらと思います!

 

 

 

 

 

 

産後ダイエットについて、理解を深めていただけたらとても嬉しいです!

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パーソナルトレーニング×整体

REMパーソナルトレーニングジム

☎️:050-3196-2421

🆔:https://lin.ee/dOCWhrg

✉️:info@rem-personalgym.jp

URL:https://rem-personalgym.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー